更年期の基本知識

ウソ!男性も更年期になるってホント!?【症状と対策】

更新日:

更年期なんて男性にはまったく関係ないと想い込む人もいますが、実は近年更年期に悩む男性が増えていることをご存知でしょうか。
男性の更年期の症状は、女性とは体の構造・体質が異なることから、症状にも大きな違いがあります。
そこで今回は、男性の更年期の症状と早めにしておきたい対策について詳しく解説します。

男性の更年期の特徴は?

男性の更年期は女性の更年期障害と比較しても、更年期の症状・発症する年齢・原因などさまざまな違いがあります。

男性の更年期の心身の症状の特徴とは?

男性の更年期の身体的な症状として、頻尿・疲労感・倦怠感・発汗・関節痛・筋肉痛などがあります。これらの症状について、人それぞれ個人差があります。
男性の更年期の場合、初期症状としてなんとなくやる気が出ない・イライラ感・不眠・不安感に襲われる・うつなど、メンタル面での変化が生じることもあります。

男性の更年期は初期と熟年期に分けられる

女性の場合は閉経後5年間、一般的には45才~55才の年齢が更年期ですが、男性は女性とは身体的な構造と体質にも違いがあります。そのため、男性と女性とは更年期の年代に違いがあります。
一般的に男性の更年期は初期更年期障害が40~50才の年齢から、60才以降は熟年期の更年期障害と区分されます。女性の更年期と比較すると、男性の更年期は期間が長いのです。

60代以降の熟年期の男性の更年期障害の特徴は?

60代の男性の熟年期の更年期障害は、なかなか気づくことができません。その理由は、この年代になると大なり小なり健康状態に不安が出てくるからです。健康診断で血糖値の上昇や高血圧という結果が出ても、「もう60才過ぎたのだから仕方がない。こんな症状が出て当たり前だ。」と見過ごしてしまうこともあります。

しかし、熟年期の男性の更年期障害の原因のほとんどは、運動不足や不規則な食生活です。また、精神的なストレスや肉体的な疲労で、男性ホルモンの分泌量に急激な変化が生じたことで、熟年期に更年期障害を発症するケースもあります。
男性ホルモンの分泌量が急激に低下することで、糖・脂質の代謝にトラブルを引き起こすリスクが高まります。その結果、高血圧や動脈硬化を発症する危険性が高くなるのです。

男性・女性の更年期障害の違いとは?

女性の更年期障害には、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量の急激な変化が原因ですが、性の更年期障害では男性ホルモンのテストステロンが深く関わっています。
男性ホルモンのテストステロンのおもな働きとして、免疫力を一定に保つ・精子を作る・筋肉と骨の発達を促進する・記憶力や判断力を高める・皮膚のハリと潤いを保つ・性欲を維持するなどがあります。男性の更年期では、性欲の減退や集中力の低下がみられる場合もあります。

男性の更年期障害の病院の受診と治療について

男性の場合、更年期障害を発症してもなかなか気づきにくいものです。心身の不快な症状が気になる場合、病院を受診するのに何科に行ってどんな治療を受ければ良いのでしょうか。

男性の更年期障害は泌尿器科を受診する

女性更年期障害の場合は婦人科クリニックに行くのが一般的ですが、男性の更年期障害の場合は、泌尿器科を受診するケースが多いようです。
男性の更年期障害は医学的にはLOH症候群と言い、泌尿器科のある病院やクリニックでは、LOH症候群を専門とするところも増えています。

病院での男性の更年期障害の治療の方法とは?

泌尿器科のある病院やクリニックでの男性の更年期障害の治療法として、一般的によく用いられる方法は漢方薬による治療・男性ホルモン補充療法です。
男性ホルモン補充療法では、筋肉注射による治療法が中心となります。ただし、この治療法は前立腺の病気の治療中の人には不向きです。
漢方薬による治療では、漢方の専門医が患者ひとりひとりの症状と体質を見極めた上で、漢方薬が処方されます。

自分でできる男性の更年期対策とは?

男性の更年期障害の予防・改善に良い食べ物は?

男性の更年期障害の予防・改善をするには、毎日の食生活が重要です。
男性ホルモンのテストステロンの分泌を活性化させる効果が期待される食べ物は、ワカメ・牡蠣・サバ・アジなどの海藻類と魚介類です。

更年期の男性にはアミノ酸の一種で、トリプトファンの成分をこまめに摂取することをおすすめします。トリプトファンが豊富な食べ物にはバナナ・ゴマ・アーモンド・大豆・豚肉などがあります。
トリプトファンが豊富な食べ物を口にすると、幸せを感じる良質なホルモン・セロトニンが分泌されると言われています。
更年期の男性は肉体的にも精神的にも疲労・ストレスが重なり、うつ状態になる人も多いので、毎日の食事でトリプトファンの摂取量を増やすことをおすすめします。

男性の更年期障害はサプリで対策

更年期障害を発症する男性は女性に比べると少ないと言われていますが、女性の場合は発症する年齢が40代後半から50代後半、男性は40才前半から60代と年齢幅が広いのが特徴です。
女性の場合は、「最近イライラしたり、もしかしたら更年期かな?」と早めに気づく人も多く、サプリメントを毎日飲むことで対策をとることができます。
男性の更年期障害でも、もちろんサプリを飲んで対策をとることは可能です。
ただし、男性と女性とでは、更年期障害の原因や症状にもさまざまな違いがありますので、女性向けのサプリを男性が飲むことには適していません。

男性の更年期障害の症状を改善するのに薬を服用することには、抵抗を感じる人もいます。ひのような男性には、サプリを毎日飲んで長期間根気強く継続してはいかがでしょうか。
男性の更年期障害の予防・改善対策として、ビタミンD・亜鉛・トンカットアリなどの成分が配合されたサプリがあります。

トンカットアリは、盗難アジア原産の自然の植物であり、現地の人々の間では活力の源とされ珍重されてきた食材です。亜鉛不足になると精力減退・味覚異常などの原因となります。骨の健康を維持するためにもビタミンDのパワーが必要不可欠です。

まとめ

この記事では、男性の更年期障害の症状と病院での治療、自分でできる対策について解説してきました。
男性の更年期障害は、女性の更年期障害と比べると意外に知らない人も多く、発症してもすぐに気づきにくいものです。「もっと早い時期から対策していれば、症状が深刻にならずに済んだかもしれない。」そのように後悔しないためにも、1日でも早めに対策をとることが肝心です。
ストレス社会と呼ばれる現代では、男性の更年期の悩みを抱える人も増えています。
近年は、男性向けの更年期外来専門の病院も増えているので、心身の不調に気づいたら早めに受診しましょう。
自分でできる対策としては食生活を改善すること・休養をとること・ストレスを解消すること・運動をすることです。平凡な毎日の中にも、更年期のつらい悩みを解消できるヒントがたくさん隠されています。

  • この記事を書いた人
紫苑

紫苑

当サイトを運営している紫苑(48歳)です。私自身、更年期障害に悩み、いろいろな更年期サプリを試しています。そんな経験を生かし、同じように辛い症状に悩んでいる女性のためにサイトを立ち上げました。更年期サプリだけでなく、更年期についてたっぷり情報をお届けします♪

-更年期の基本知識

Copyright© 更年期サプリおすすめランキング | 辛い症状に悩む女性のためのサイト , 2019 All Rights Reserved.