更年期サプリ

ドラッグストアでも買える「命の母A」を飲んでみた私の口コミ

更新日:

「命の母」はテレビCMも流れているしドラッグストアでも売られているので、気になっている方、多いのではないでしょうか?

「命の母って本当に効果あるの?」

そんな風に思ってる方のために、私が実際に命の母Aを飲んでみた感想を紹介しますね。

こちらのページでは私の感想に加え、その特徴や成分、効果についても詳しく解説しています。あなたの更年期サプリ選びの参考にしていただけると幸いです。

ざっくり言うと

  • 1日3回 x 4錠、計12錠と飲む量が多い
  • 毎食後なのでうっかり飲み忘れが多くなる
  • コスパがいい

命の母Aを飲んでみた私の口コミ

近所のドラッグストアで買いました。2,000円ちょっとだったかな?420錠入って35日分になります。エクオールとかと比べるとコスパはいいですね。

1粒あたりの大きさは0.8cmほど。割と小さめ。

命の母

1回4錠、1日3回食後に飲むそうです。

命の母

1回に飲む量。小粒で表面がつるんとしてるので飲みやすいです。ただ1日3回、全部で12錠というのはちょっと多いかな(汗)

1ヶ月飲み続けてみましたが、うっかり飲み忘れてしまうことが多くて・・・・面倒くさがりやの私には1日1回飲むだけでOKというほうが有難いかな・・・・

ただ、私の実母も知っているくらい更年期対策としてはすっかりお馴染みなので、飲んでいて安心感はありますね。あの小林製薬の商品というのも信頼感に繋がりそう。

「命の母A」の特徴

更年期障害の対策と言えば、すぐに命の母を思い浮かべる女性も多いのではないでしょうか。命の母は老舗の製薬会社である小林製薬が販売されており、現在では「命の母A」の名で親しまれています。

命の母が誕生したのは今から100年以上も前、明治時代にまでさかのぼります。命の母は、笹岡省三氏によって長い年月をかけて開発されました。病弱の母と産婦人科医の祖父のいる家庭に育ち、女性特有の病を改善できるように手助けをしたいという思いから、開発されたのが命の母です。

その後、命の母Aと名称変更され、「A」とは「アクティブ」(活発・活動的)を意味する言葉です。更年期の女性が毎日明るくイキイキと過ごせるようにとの願いがこめられています。

命の母Aは、漢方医学の視点に基づいて開発された保健薬であり、デリケートな女性の体に穏やかに働きかけてくれます。
漢方医学では水・気・血、この働きが正常な状態を保つことによって、健康を維持できると考えられています。

更年期になると心身ともに不快な症状が起こる原因は、水・気・血のバランスが崩れてしまうことに原因があると漢方医学では考えられるのです。
命の母が発売されてからすでに1世紀以上となりましたが、これまでに何度かリニューアルされました。

命の母Aは、全国各地のドラッグストアで販売されており、製品仕様はおもに4種類あります。
「命の母Aが体質に合うかどうか試してみたい。」という肩は、1週間分・84錠入りタイプがおすすめです。
この他に3週間分・252錠入り、5週間分・420錠入り、10週間分・840錠入りといったタイプがあります。長く続けたい方には10週間分が適しています。

命の母Aの正しい飲み方は?

命の母Aは女性用の保健薬であり、第二類医薬品として販売されています。
命の母Aは1日3回、1回につき4錠を水かぬるま湯と一緒に飲みます。お茶やジュースなど、水以外の飲み物とは一緒に飲まないように注意しましょう。
1日に12錠なので「量が多いのでは?」と思うかもしれません。サプリメントなら1日に飲む量が少ないですが、命の母Aは生薬の成分をエキスにしたものではありません。錠剤に生薬の成分が詰め込まれており、これによってひとつひとつの生薬の本来のパワーを有効に引き出せるのです。

命の母Aの気になる副作用と注意点は?

更年期サプリは毎日飲むものだけに、命の母も副作用は大丈夫なのかすごく気になりますよね。

命の母Aは副作用はないと言われています。薬ではないからね。

ただ、毎日服用していて万が一体質に合わないと判断した場合は、服用をいったん中止してかかりつけ主治医や薬剤師に相談するようにしましょうね。

また、現在、病気の治療を受けていて薬を服用中の方は、命の母を飲む前にまずは主治医に相談のうえ指示を仰ぎましょう。命の母Aを服用中に、皮膚のかゆみ・発疹・腹痛・吐き気などの症状が見られる場合は、速やかに服用を中止しましょう。

命の母Aの更年期の成分は?

命の母

更年期の女性にとって本当に必要な成分は何か、製品開発の段階で徹底的にこだわり抜いた結果、13種類の生薬の成分であると発見したのです。もちろん、更年期の女性の健康を維持する上で必要不可欠なビタミン類の栄養素もバランス良く配合されています。

命の母Aはビタミンとカルシウムが豊富

更年期に入ると女性ホルモンのバランスの乱れから、心身ともにさまざまなトラブルを引き起こすリスクが高まります。
そこで必要となるのがビタミン類ですが、毎日の食事だけで栄養バランスを整えるのは困難です。命の母AにはビタミンB群・ビタミンEが豊富です。
さらにタウリンも配合されており、ビタミンB群との相乗パワーで、新陳代謝・疲労回復、
ビタミンEには老化防止・血行促進の効果が期待されます。
更年期に起こりがちな骨粗鬆症対策として、カルシウムもたっぷり含まれます。

命の母Aの漢方成分に注目

命の母Aには、13種類もの生薬がバランス良く配合されています。13種類の生薬とは、ケイヒ・ブクヨョク・シャクヤク・トウキ・ソウジュツ・センキュウ・ダイオウ・コウカ・コウブシ・カノコソウ・ニンジン・ゴシュユ・ハンゲです。

本来、漢方薬はひとりひとりの患者の体格や体質に見合う生薬が配合されるものです。
しかし、命の母Aにはあえて体格・体質を選ぶことなく、数多くの生薬から厳選され、配合バランスにもこだわり抜いています。

漢方医学では女性の健康サポートに有効とされる三大婦人用漢方薬があります。一般的に三大婦人用漢方薬とは、トウキシャクヤクサン(当帰芍薬散)・カミショウヨウサン(加味逍遥散)・ケイシブクリョウガン(桂枝茯苓丸)です。
命の母Aには、三大婦人用漢方薬に配合された成分がブレンドされています。

命の母Aにはどんな効果が期待できる?

命の母

命の母Aに配合される13種類の生薬成分により、次のような効果が期待されます。

生薬の有効成分で血の巡りをサポート

更年期障害の不快な症状の原因は、血の巡りにあると言われています。漢方医学では血流が滞ることを瘀血(おけつ)と言い、「万病一元血の汚れ」ということわざがあります。
血の巡りが悪くなると、肩こり・のぼせ・冷え・イライラ感を引き起こす原因となります。
命の母Aに配合される生薬の有効成分によって、体質の改善を図ります。

体内に滞りがちな水の流れを整える

更年期になると血流の滞りとともに体内の水分の流れにも悪影響を及ぼすリスクが高まります。
とくに体内の水の流れが悪くなると、頭痛・倦怠感などの生じようを引き起こす原因となります。命の母Aは女性の体に優しい生薬の成分が穏やかに働きかけて、水の滞りを防ぐ効果が期待されます。

気の流れをスムーズに

漢方医学では水の流れ・血の流れ、そして気の流れか重要であると諭しています。気の流れに乱れが生じると、メンタル面の不調を訴えることもあります。
命の母Aには気の滞りを補う生薬がバランス良く配合されており、毎日イキイキ・はつらつと過ごせるように、しっかりサポートしてくれます。

Summary
Review Date
Reviewed Item
命の母A
Author Rating
31star1star1stargraygray
  • この記事を書いた人
紫苑

紫苑

当サイトを運営している紫苑(48歳)です。私自身、更年期障害に悩み、いろいろな更年期サプリを試しています。そんな経験を生かし、同じように辛い症状に悩んでいる女性のためにサイトを立ち上げました。更年期サプリだけでなく、更年期についてたっぷり情報をお届けします♪

-更年期サプリ
-,

Copyright© 更年期サプリおすすめランキング | 辛い症状に悩む女性のためのサイト , 2019 All Rights Reserved.