更年期の基本知識

若年性更年期障害とは?まだ30代なのに更年期???

更新日:

まだ30代なのに体のほてりやイライラ感など、原因不明の不快な症状に悩まされてはいませんか?
「30代なんてまだまだ若いから」と安心していてはいけません。

実は30代ですでに若年性更年期になる女性も、ストレス社会と呼ばれる現代ではありうる事なのです。

そこで、若年性更年期の特徴・原因・自分でできる簡単な対策について徹底解説します。

若年性更年期障害の特徴と原因について

一般的に更年期とは、閉経前後の5年間、トータルで10年間の期間のことを指します。通常、更年期は45~55歳の年齢が目安となり、この年代に起こりうる心身の不快な症状のことを更年期障害といった呼び方をします。

更年期障害と若年性更年期障害について、症状の違いはありませんが、唯一異なる点は更年期特有の症状が出る時期が早いことだけです。
とくに近年は、20代・30代の女性にも更年期障害と同様の症状が出る人が増えています。心身にあらわれる症状は同じでも、年代が若いことから更年期障害とは区別して若年性という言葉が頭についただけの話です。

若年性更年期のことを別の言葉でプレ更年期障害、またはプチ更年期障害と呼ぶこともあります。閉経前後5年間の更年期と比較するとまだまだ若い年齢ですから、あえてこのような呼び方をするのでしょう。

若年性更年期障害を発症する原因は?

更年期になると加齢により卵巣機能に衰えが生じるため、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が少しずつ減少します。これによって、心身に不快な症状が出てくるのです。
若年性更年期障害の場合は、精神的なストレスや肉体的な疲労が原因で、女性ホルモンのバランスに乱れが生じます。ちょっとした不安材料があれば、20代・30代の若い年代の女性でも、いつ更年期障害の症状が出てもけっして珍しいことではありません。

更年期でなくても更年期の症状は誰にでもありうる

女性の長い人生のうちで、もっとも大変な時期は30代とも言われています。この時期になると、仕事と家事と子育ての両立にもっとも労力を必要とします。
とくに近年は女性の社会進出が急速に進んできました。働く女性の多くは、家事と育児と仕事を両立させることに日々奮闘しています。
30代という年代は、女性の人生の中でもっとも忙しくもあり、充実感が得られる時期ではありますが、その一方で精神的・肉体的なストレスを抱える時期でもあります。
昔から「病は気から」と言われてきましたが、ストレスや疲労から女性ホルモンのバランスを狂わせてしまうのです。そのため、更年期でもないのに若いうちから更年期特有の不快な症状の原因となります。
早い話、40代後半から50代前半の更年期でなくても、生活環境の大きな変化やストレスから更年期の症状が出るのは誰にでもありうる事なのです。

若年性更年期障害は病気?

20代・30代のうちから若年性更年期障害になった場合、「深刻な病気にかかってしまった。」と悲観する女性も少なくありません。
しかし、結論から言えば若年性更年期障害は病気ではありません。
あくまでも「他の人に比べて更年期障害の症状が早い時期に出てしまった。」というだけの話です。
若年性更年期障害になると、月経のバイオリズムが変化することもあります。これを月経不順・生理不順と言い、この他にはイライラ感・憂鬱感・疲労感・体のほてり・のぼせ・手足の冷えなどの症状が出ることもあります。

若年性更年期障害と妊娠との関係は?

若年性更年期と診断された場合に妊娠できる可能性は?

20代・30代の女性が婦人科の専門医から若年性更年期障害と診断された場合、今後は妊娠する可能性はどのようになるのでしょうか。
20代・30代の女性の中には、ごく希に早発卵巣不全などの病気を発症する人もいますが、これは若年性更年期障害とはまったく無関係です。
仮に、卵巣不全と医師に診断された場合は、卵巣機能の向上を図るための専門的な治療が必要になります。
若年性更年期障害と診断された場合、妊娠する可能性はまったくゼロというわけではありません。若年性更年期障害は、あくまでも卵巣機能の一時的な低下に過ぎません。この原因を取り除いていけば、妊娠の可能性は十分にあります。

若年性更年期障害を改善する3つの対策

若年性更年期障害のつらい症状を改善するには、婦人科専門医の治療とアドバイスを受けることが必要です。そして、自分でできる3つの対策を実践することをおすすめします。

体に負担がかかるダイエットをやめること

20代・30代の女性は、自分の体型に悩む年代ですが、体に負担がかかる無理なダイエットは今すぐにやめましょう。激しい運動や極端に摂取カロリーを減らすことは避けるべきです。

ストレスを早めに解消しよう

外国人に比べると日本人は働き過ぎとよく言われます。20代・30代の女性は仕事・家事・育児の両立に大変な時期です。自分で気づかないうちにストレスが溜まりやすいので、早めに解消しましょう。自然の風景を眺めながらのウォーキングは、気分転換にもなります。毎日規則正しい生活を心がけ、睡眠不足にならないように注意しましょう。
睡眠不足から女性ホルモンのバランスが乱れる原因となるので、質の高い眠りをとることが肝心です。

  • この記事を書いた人
紫苑

紫苑

当サイトを運営している紫苑(48歳)です。私自身、更年期障害に悩み、いろいろな更年期サプリを試しています。そんな経験を生かし、同じように辛い症状に悩んでいる女性のためにサイトを立ち上げました。更年期サプリだけでなく、更年期についてたっぷり情報をお届けします♪

-更年期の基本知識

Copyright© 更年期サプリおすすめランキング | 辛い症状に悩む女性のためのサイト , 2019 All Rights Reserved.