更年期の症状

【更年期】指が痛い!関節痛?リウマチ?| 症状と対策まとめ

投稿日:

更年期に入ってから関節の痛みを感じることはありませんか?
関節のこわばり・指の痛みを感じるようになったら、それは更年期特有の症状である可能性が高いので早めに改善する必要があります。
そこで、関節のこわばり・指の痛みの対処法やおすすめの食べ物についてご紹介しましょう。

更年期に起こりがちな関節痛について

20代・30代の若い頃には、関節のこわばりや指の痛みを感じることがなかったのに、40代になってから頻繁に症状が出るようになった、そんな悩みをひとりで抱えてはいませんか?

関節・指の痛みやこわばりといった症状は、更年期の女性にはよく起こりがちなことです。
関節と指の痛みと更年期は、一見何の関係もなさそうですが、実は深い関係があることをご存知でしょうか。このような症状は、とくに閉経後の女性に多くみられます。

更年期特有の関節痛の症状とは?

更年期を迎える頃になると、必ず関節痛の症状が出るというわけではありません。症状の現われ方にも個人差があり、軽い痛みを感じる人もいれば頻繁に痛みが出る人もいます。
始めのうちは、関節が軽く鳴る程度ですが、しばらくすると手指・膝・足指・肩の関節に痛みを感じるようになることもあります。
中には、関節の痛みだけではなくさまざまな場所のこわばりや腫れなどの症状を訴える人もいます。
更年期に入ってから手首の関節が痛むようになった、かかとに痛みを感じるようになった、足が腫れて靴が履きにくくなった、このような症状が気になり始めたら、更年期障害の可能性が考えられます。

更年期特有の関節痛の原因とメカニズムは?

更年期特有の関節痛の症状が出ると「もう年だから仕方がない」とあきらめてしまう人もいます。しかし、更年期といってもまだ40代・50代ですからまだまだ若いですね。
更年期に関節痛やこわばりの症状の原因は、おもに2つ考えられます。
ひとつは加齢による老化現象、もうひとつは女性ホルモンのエストロゲンの減少です。
とくにこの2つの原因が合わさることによって、関節をサポートする筋肉・軟骨がすり減ってきます。
通常、関節には適度な水分量が保たれていますが、エストロゲンが減少すると関節の水分調節にも悪影響を及ぼすのです。更年期になると血の巡りが滞り、関節の血流が悪くなるため、支障をきたしてしまうのです。

さらに加齢とともに体内にコラーゲンやヒアルロン酸が減少し、不足しがちになることも関節痛の原因として考えられます。

更年期の関節痛とリウマチの違いとは?

関節痛やこわばりの症状が出ると、「もしかしたらリウマチにかかってしまったのでは?」と不安になる人もいます。
更年期の関節痛とリウマチは、症状がとてもよく似ています。リウマチにかかる人の多くが更年期に発症するケースが多いからでしょうか。

リウマチの初期症状では、関節痛が1時間以上も継続することがあります。しかし、更年期特有の関節痛とリウマチとの決定的な違いがあります。
更年期の関節痛はとくに全身に起こることはまずありませんが、リウマチにかかると全身どこの場所でも痛みが生じるようになります。

リウマチは痛みの症状に波があり、体の痛みが頻繁に出る時期(活動期)と休止期が交互になるのが特徴です。とくに朝起きた時に関節のこわばりを感じることが多く、症状が悪化すると関節が熱を持ち腫れ上がることもあります。さらに症状が悪化すると、関節が変形することもあります。

更年期特有の関節痛を改善したい! 3つの対処法とは?

更年期特有の関節痛はサプリで対策

更年期特有の関節痛やこわばりの症状の対処法として、サプリメントを活用する方法があります。
関節痛のおもな原因は、加齢による老化と女性ホルモンのエストロゲンの減少ですから、原因に見合う対策を実践しましょう。
女性ホルモンのエストロゲンの減少を食い止めるには、エクオールの成分が含まれたサプリメントがおすすめです。
エクオールは、女性ホルモンのエストロゲンとよく似た構造を持つ物質で、更年期の女性に起こりがちな不快な症状の改善にも良い効果が期待されます。

加齢による老化で、関節に必要なヒアルロン酸・コラーゲン・コンドロイチン・グルコサミンが減少するので、これらの成分が含まれたサプリメントを活用するのも良い方法です。

更年期特有の関節痛に良い食べ物は?

更年期特有の関節痛を改善するには、毎日の食生活にも見直しが必要です。
関節の健康に良い栄養素は、ビタミンB群・C・E、オメガ3系脂肪酸・タンパク質・コンドロイチン・グルコサミンです。
オメガ3系脂肪酸は、青魚に多く含まれますが、酸化しやすいのが難点です。
毎日魚をたくさん食べるのは大変なので、オメガ3系脂肪酸配合のサプリを活用するのも良いですね。

アマニ油・シソ油・えごま油もオメガ3系脂肪酸が豊富で、サラダにかけて食べるなど生食することをおすすめします。
コンドロイチンはウナギ・ナマコ・ヒラメ・納豆・オクラ・里芋などネバネバした食材に多く含まれます。グルコサミンが含まれる食材には、干しエビ・きのこ類などがあります。

体を冷やさない工夫を心がけること

更年期特有の不快な症状の原因の大半は、体の冷えにあります。関節の健康を維持するには、体を温める食材を積極的に摂り入れることをおすすめします。
そこで、毎日の食生活にプラスアルファで、唐辛子・よもぎ・しょうがを摂り入れてはいかがでしょうか。

唐辛子の辛味成分・カプサイシンのパワーで全身の血流をアップさせ、関節の痛みを緩和する効果が期待されます。しょうがに含まれるジンゲロールの働きで血行促進効果が期待できます。

よもぎは昔から出血を止める民間薬として珍重されてきました。韓国ではよもぎ蒸しエステが大人気で、体の冷えをとるには最善策です。
関節痛を緩和させるには、よもぎシップもおすすめです。
よもぎの葉と茎をつぶしてペースト状にしたものを関節の痛みがある場所に塗り、サランラップで巻いてしばらく置くだけです。
余ったよもぎは洗濯ネットに入れて、お風呂に入れておけばよもぎ風呂になります。よもぎには、血液を浄化する効果とデトックス効果が期待されます。よもぎ風呂につかると体がぽかぽか温まり、リラックスできます。

  • この記事を書いた人
紫苑

紫苑

当サイトを運営している紫苑(48歳)です。私自身、更年期障害に悩み、いろいろな更年期サプリを試しています。そんな経験を生かし、同じように辛い症状に悩んでいる女性のためにサイトを立ち上げました。更年期サプリだけでなく、更年期についてたっぷり情報をお届けします♪

-更年期の症状

Copyright© 更年期サプリおすすめランキング | 辛い症状に悩む女性のためのサイト , 2019 All Rights Reserved.